クセを生かし、しっかりとしたラインに生まれ変わらせる

クセづいてくる、というのは
アイプチetc使って
二重にしている、という場合
時々見られる現象です。


ただ、しっかりしたラインにはならない
という人も多いのも確か。


そういったクセを
埋没法でしっかりしたものに生まれ変わらせる
今回のお写真で見てみましょう。



まずは手術前のお写真。
手術前


右はうっすらと
左はけっこうしっかりとクセがあります。


このクセをうまく生かし
もっとはっきりとしたラインに生まれ変わらせる。
埋没法で行っていきましょう。
バランスを見ながらやや広げる感じでしょうか。
左右両目に埋没法を行っていきます。



ということで
手術が終わってすぐのお写真を見てみます。
直後
クセの部分が生まれ変わり
ラインが生み出されているのがわかります。


直後なので
微妙にむくむくしているというか
いびつかな?というか。
大きな腫れではないので
すぐに落ち着いてきます。




最後は一週間目。
一週間
すっかり落ち着いて
自然なものとなっています。

見た目の違和感は
この時点で
全く無いのではないでしょうか。


きれいなラインです。
非常に良い感じですね!





PS
拍手コメントへの返事です。



> ? さん
埋没法では、必ず再度の来院をしなくてはいけない、というようにはしていません。
(モニターでの施術を受けた場合は写真撮影に来てもらっていますが)
ただ、手術を受けた後で
何か変化があった場合は
来ていただきチェックを行うということが大事になります。



> ゆうきさん
カウンセリングに来ていただき
施術を受けることができる、と判断した場合は
モニターでの施術が可能、としています。

左右で極端な差をつけて施術してほしい、という場合は断っています。
(たとえば 右は広く、でも左は奥二重になるように埋没法を行ってほしい、という場合など)
もともとの左右差に関しては問題はないです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR