くせが出てきた。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








今回のお写真は
だんだんとクセが出てきた、というケース。


二重ラインほどつよくは無いですが、線が出てくる
徐々に目の上の脂肪は減ってくるので
十分にあり得る現象です。


二重になってしまえばいいのですが
なかなかはっきりはしないので
埋没法を行うケースもあるわけです。



まずは手術前から見てみましょう。
手術前
クセがあるのがわかりますね。
以前はなかったものが出てきた、ということです。

いくつか線はあるので
よく検討しながら
強化してラインにしていきましょう。



埋没法直後です。
直後
少し広めのラインが出て
二重になりました。


ある程度広めなのですが
あまり狭いと上のクセがある以上
すぐにラインがあやふやになってしまったりするので
このぐらいの位置を選択しています。


広いラインが出やすい目は
狭いラインはちゃんと出なかったりするのです。



最後は1週間目です。
一週間
はっきりしないラインだった目が
しっかりとしたものになりました。


下垂の手術を加えることにより
もっとぱっちりした目にすることも可能ですが
もともとのイメージからかなり離れてしまうので
埋没法のみにとどめています。


そのあたりも
どこまで変化させていくかは
検討しながら、となります。
やりすぎはやはりよくはないので
慎重に考えながら、ですね。





PS

拍手コメントへの返事です。



>美優さん
アイプチとはまた違うので
なんとも言えないところです。
埋没法で可能なラインかどうかは
実際確かめてみて、ですね。

幅を広くすると
眠そうに見える、下垂気味に見える
というのもあるにはあるので
そこはどこまでラインを広くするのか、というのを
シミュレートして考えながらいきます。

個人の感覚、という部分は大きいので
確かめながらいきましょう。



>  さん(名前なし、さん)
唇の手術をメニューに入れる考えは
今のところありません。



>亜紀さん
糸の本数、および糸が通る部分や結び目の数は
人によって変えています。

たくさん入れるのがいいわけでもないし
綺麗なラインを出すために本数が必要な場合もあります。




あと、参考になる
「なりたい目」のお写真は持ってきてもらうのは
意味があります。

その通りになる、というものではないにしても
どんなふうになりたいのか、という意思の確認ができるし
その写真の目と自分の目
いまどこが違うのか、というのを
考えたりできるからです。


似せていくには何が必要か、を考えられるわけですね。
その上でどこまでやるのか?を検討していけばよいです。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR