ラインを広げ、わざとらしくなく自然に目を映えさせる。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回は
もともとのラインを広げることで
メイクがしやすく目を大きく見せやすい二重まぶたを実現した例です。



まずは手術前です。
手術前
細めの末広ラインが左右共に見られます。
ここからもう少し広げていきましょう。


埋没法手術、終了直後です。
直後
やや腫れが多いかな、と。
目が重くなっているのがわかります。
少しだけ開きが弱くなっているわけです。
微妙な差ですが、こういった部分で手術直後は腫れて見えます。
ただ、強いものではないので、すぐに落ち着いてきます。

すっぴん、というのもあるので
あとはメイクが加われば、幅のあるラインも違和感がなくなっていきます。


ということで1週間目のお写真を見ます。
一週間
腫れも引き
目の開きも戻り
(ほんとちょっとの差ですが)
自然で美しいラインが実現されています。

あとはメイクも加わり
すっかりいい感じです。
さらにコンタクトとの相乗効果で
けっこう目は大きく見えていますね。



今回は手術直後がやや腫れて見える例でしたが
ダメージが少なく
目に負担がかからない
「腫れない」手術の場合には
非常に引きがはやいです。
心配しすぎずに経過を見守って下されば大丈夫です!

麻酔の影響が出やすい人の場合は
直後はちょっとそういった傾向はでやすいのですが
ちょっと時間が経っただけでも
ずいぶん変わってきます。
ミューラー筋という目を開くための筋肉に
麻酔薬の中の成分が反応してしまう、というのもあるため
糸がつくこと以外でも
やや下垂傾向になりやすくなるわけです。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR