目を近づける手段としての目頭切開 

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






ちょっと目が離れて感じる、という際に
目頭切開は有効な手段となりえます。


目頭切開は思ったより小さな変化なことが大半。
でも有効につかうと非常に効果的。


手術前のお写真、1か月のお写真
今回の患者様のこの2枚を比較してみて見ましょう。

手術前

一か月

上が手術前、下が1カ月目です。


ディファインの効果で黒目の面積が拡大し
そんなに極端に白目部分が変化して見えませんが
その変化とディファインの黒目拡大との相乗効果で
目が大きく、かつ手術前より近づいて感じるわけです。



この方の場合は
もともとの蒙古ヒダが強くはってみえるわけでもないので
目頭切開の変化幅としては大きいものではありません。
でもこういった違いを生み出すことは可能です。
どこまで変化するか、はそれぞれによって違うので
カウンセリング時に確かめていくことが重要です。


変化を大きくしようとするあまり
無理な手術をすると
戻ってしまったり、その上でかたちがなんとなく妙だったり
といったことにつながりやすいので
注意が必要となります。





> -さん

目を大きく見せるときの第一は
まずは縦方向だと思います。
しっかりしたライン
そしてしっかりした目の開き。

(たとえば眼瞼下垂の手術である挙筋短縮などの手術を行う事)


その他で考えると
横方向、目頭切開やたれ目形成も場合によってはありだとは思います。


ただ、たれ目形成は不自然になるケースも多く
僕は行っていません。



>acomeさん
手術お疲れ様でした。

無事、とのことでこちらも安心です!

どんどんと落ち着いていくので
経過見ていて下さいね。
楽しみですね!!

また何かあればご連絡ください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR