自然で無理のない平行ライン。

今回は埋没法で
平行型ラインを生み出した例です。


蒙古ヒダによる突っ張りも少ないため
素直に生み出されたラインとなっています。
さっそく見ていきましょう。




最初は手術前のお写真から。
手術前
よーく見ると
うっすらとですがクセがあります。
ふだんクセづけているラインだと判断できます。
このクセは薄いものの
シミュレートを通して、有望なものと考え
そのクセを生かしてラインを生み出していきます。



埋没法手術終了直後です。
直後
なんとなく充血していることや
なんとなくラインが広く見えることで
泣いた後のような感じというのが一番近いかなと。

大きな腫れは無いですが
ちょっとした腫れはやはり本人は気になるところ。
勇気をもって
頑張って乗り越えていきましょう。



1週間目です。
一週間
すっきり落ち着きました。
自然な平行型。

蒙古ヒダの張りが少ないのもあり
目に合ったラインと言えます。
やや三重のラインもありますが
広すぎるラインではないため目立たないです。


三重のラインは
埋没法でラインを大きく広げた場合には
少しだけ目立ちやすいこともあります。
あとはメイク等が関わってくるので
個人個人の感覚となってきます。


わりと広めのラインの方は
もともと自然に三重のラインがあったり
だんだん年齢を重ねて
目の上の脂肪が減り、くぼむ方向に近づいていくと
今までのラインより上にラインができて
三重に自然になったり。
手術をしなくてもそうったラインの方もいるので
別に不自然なことでもないからです。

ただ、そういった感じが好みでなければ
無理に三重になるようなラインは避けて施術すべきかと思います。
カウンセリング時のシミュレートでそこは判断できるので
しっかり見ていってですね。





PS
拍手コメントへの返事です。


>ももさん
モニター募集は来年も行いますよ。
チェックしてみて下さい。
宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR