一重からアイラインがしっかり引けるラインへ。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



今回は一重→二重の変化のパターン。
タイトルに書いたような
アイラインをきちんと引けるようなライン、とでも言いましょうか。
さっそく見てみましょう。




まずは手術前です。
手術前
左の方が少し強くクセがついていますが薄いです。
右ははっきりしません。

クセを生かしつつ
少々ラインに修正を加えてデザイン。
左右両方の目に埋没法を施行しました。



手術直後です。
直後
やや内側が腫れて感じます。
手術直後の下垂でちょっとだけ開きにくくなっていますが
そこはすぐ落ち着いてきます。

少し広めに感じるのは
腫れ、というより
ノーメイクなため、という部分がメインの理由だと思います。


1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
メイクをするとラインも派手すぎない印象になりますね。
そしてその分目が大きく見えます。
非常にいい感じです。



ラインの希望、の話のとき
「アイラインがひけるようなライン」と言われることは多いです。
目を開いた時に、アイラインを引いた上でも
ラインがちゃんと見えるような広さのライン
といった内容です。
今回はそういったラインですね。



広いライン、狭いラインいろいろ希望は分かれますが
人気のある変化であることは間違いないです。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR