末広→平行の変化の一例

今回はある程度の広さをもったライン

末広→平行の変化の例です。


目によっては、目というか蒙古ヒダの張り具合・強さなどによっては
どうしても末広型ラインしかできない場合もあります。
今回の例は蒙古ヒダの張りが強いので
内側はやや強引にラインを上げるような感じで施術しています。
ただ、キープされていくだろう、という感じが
シミュレート時に見られたので
このラインでの施術を行っています。


まずは手術前から見てみましょう。
手術前
やや狭い末広型ライン。
蒙古ヒダもわりとしっかりしています。
ここからラインを広げていきます。



埋没法を両目に行って直後のお写真です。
直後
やや内側がいびつかな、というところ。(特に左)
大きな腫れは無いのですが
ちょっとまずは様子をみていきます。



1週間目のお写真も見てみましょう。
一週間
すっかり落ち着きました。

少し下のライン(末広ライン)に逆らって
平行型ラインを出している部分があるので
この点は経過を追って状態を見ていくこととなります。


あまり戻りやすい、戻るというか内側が狭くなってきたり
末広ラインになってしまう場合は
場合によっては付け直し(再手術)を行ったり
戻るのが早い場合は、目頭切開を考えたり、という感じです。
ただ、埋没法を行っても、あまりにも簡単に戻りそうな場合は
そのラインでの施術を断っています。




蒙古ヒダがある程度ある例でも
埋没法で平行型が可能な人もいるし
逆にほぼ無理、という人もいるので
その点については
カウンセリング時にしかり確かめてから、ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR