目頭切開での目の拡大

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回は目頭切開のモニター症例写真です。


比較的はっきりとした蒙古ヒダが見受けられるタイプなので
目頭切開の効能もわかりやすいです。
ビフォーアフターという感じで見てみましょう。


before
手術前


after
一か月

before / after : 手術前/手術後1カ月   です。




目頭切開での目の面積の変化は
数値にすると微々たるものだと思います。
しかしながら、こうやって術前術後を比較してみると
その変化・効果については結構わかりやすいのではないかなと思います。


beforeのお写真を見たとき
目頭側には蒙古ヒダが見受けられます。
蒙古ヒダによって皮膚が突っ張った部分ができているわけです。

蒙古ヒダ

前にも載せた図ですが
緑の矢印で示した部分が蒙古ひだです。
このひだで突っ張った皮膚により隠されている部分が
図の赤い部分。

目頭切開は、蒙古ヒダを軽減させ
この赤い部分を出す、という効果をもつ手術です。

蒙古ヒダの張りが強いと
図の赤い部分=隠されている部分も多く
目頭切開手術での変化が大きくなります。



beforeのお写真では蒙古ヒダがわかります。
そこをうまくとっていく、といった感じです。
afterのお写真は、図で言うと赤い部分がちゃんと表に出た状態。


白目の面積が増えるというか
目頭側の赤い結膜部分が良く見えるようになったというか。
目の輪郭も変わりましたね。


beforeとafter
形の違う両者の目を比べて
どちらが優れている、劣っているというのは特にありません。
目頭切開を考える際に
どちらの目が自分にとって 良いか、好きか。
そこをしっかり考える必要があります。


目頭切開は戻る、という風に書かれていたり、言う人がいたりしますが
きちんとした方式にのっとった手術の場合は
最初の腫れが治るという変化、傷の落ち着きによる変化といったもの以外に
大きな戻り、というものはありません。
戻るのは、単純切開で大きく変化させるべく無理に引っ張ったような場合です。


逆に言えば
戻らないからこそ
術前術後のどちらが好きなのか
そういった目になることが良いかどうか
事前にきちんと自分が考えねばなりません。
カウンセリング時にシミュレートを通して
共にいろいろと考えていきましょう。

シミュレートのときに見た形が
あまりにも違和感があるものだったりしたときには
手術を行わないほうが良い、ということが言えます。
要チェック、ですね!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR