ラインを広げる、はっきりさせる

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







もともと二重だけれども
もっと目がはっきりするようなラインを探している
そういった人は多いです。


ラインを広げたり
場合によってははっきりさせるために、うすいクセより少しだけラインを下げたり
いろいろ考える余地はあります。



あと今回は、腫れがやや多くでている例と言えます。
参考にしてみてください。





まずは手術前です。
手術前
もう少しラインを広げて、目をはっきりさせることを目的に御来院されました。
微妙に左右差もあります。
そのあたりを調整することも考慮に入れてデザイン
左右両目に埋没法を施行しました。


手術直後です。
直後
左右共に腫れでラインがちょっと乱れているかなというところ。
左目は少し手術直後の下垂が出て、更に腫れて見えます。
ちょっと腫れが目立つかな、という例ですね。

ただ、2日くらいでも
かなりの部分が落ち着きます。

極端な糸のつけ方をしている場合
こういった下垂が長く続いたり
残ってしまったりするケースはあるのですが
そういった点に留意した方法で行えば
すぐに落ち着いてきます。



最後は1週間目です。
一週間
1週間もあれば
十分落ち着いていますね。

ラインはものすごく広くなっているわけではないのですが
しっかりと広くなり
アイラインを引きやすく変化したのではないかな、と思います。



たいていは左右同じくらいの下垂が起きて
意外とわかりにくい、というパターンが多いのですが
今回はその点で左右差が出て
腫れがわかりやすくなっていました。
ちょっと待たせる期間が長くなって申し訳ないところですが
このレベルであれば
3枚目のお写真くらいまでいくのはすぐなので
頑張って乗り越える、というところです。
こちらもなるべく腫れの差が出ないようにしたり
そもそもの腫れを少なくしたりを
更に頑張っていこう、と改めて思います。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR