広めラインの目

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回は、一重→平行ラインへの変化です。
目の特色についていろいろ検証しつつ経過を追っているので
参考にしてみてください。




手術前のお写真から見てみます。
手術前
一重まぶたです。
ただ、目を開閉するときを注意深く観察してみると
けっこう広めの位置にクセがあることがわかりました。
そのクセの部分を生かして
二重まぶたのラインにしていくことを計画しました。


クセはアイプチやメザイクを使用し続けることによってついてくる場合もあれば
目の上の張りやふくらみに関与している目の脂肪(眼窩脂肪)が少しずつ減ってくることによって
徐々に自然に出てくる場合もあります。
目の上の脂肪は、年齢を重ねるごとに減っていく傾向が強いのです。


埋没法をする際
目の上の脂肪が少ない人は広いラインが出やすいです。
逆に目の上の脂肪が多い人は広いラインが出にくい。
状態によっては脂肪取を行ったり、切開法手術の際に脂肪を除去するのは
こういったことがあるからです。
むやみやたらに脂肪を取るのは、後々のくぼみ(目の上のくぼみ)につながる可能性があるので
注意して考えていかなくはなりません。



この患者様の場合も
目の上の脂肪が減ってきて
もうしばらくするとラインやクセがもっと出てくるかもしれない
といったような状況でした。
例えばこういった方の場合に無理に脂肪を取ってしまってはいけないですね。
広いラインの目になりつつある目、といったところです。




埋没法手術直後です。
直後
わりと広めのラインです。
大きな腫れはないですね。
少しだけ目が充血したかな、というくらいでしょうか。



1週間目のお写真も更に比べて見ましょう。
一週間
もうかなり落ち着いています。
2枚目と比較しても手術直後でも大きな腫れがないのがわかりますね。
ただ、やはり比べると滑らかになってきています。
メイクを施すと、更に映える目とも言えますね。



けっこう広めのラインですが
上記したように、すこしこの部分でクセがでてくる感じですので
目に合っている、という部分もあって
このラインは広めながらも
当初から自然にラインが出やすく自然に出やすい。
そうすると腫れが少なく感じやすいです。
そういった素直なラインとも言えます。



埋没法の場合
自然にしたい、腫れを少なくしたい、はやく落ち着くようにしたい
これらの希望をかなえたい場合
よく観察して、目に合ったラインを探していくということが重要だ、ということです。
ただ、少し無理やり広げたい、という希望の人もいらっしゃいます。
その場合はやや最初は不自然に感じやすいかもしれません。
埋没法を実際に行う前に
いろいろと考えていくことが大事ですね。






PS
拍手コメントへの返事です。

>なおみさん
ありがとうございます!
一生懸命続ければ、きっと良いことができる
そう信じて頑張ってみます。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR