左右を揃える微調整 埋没法による片目の施術

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








今回の施術は片目の施術 
右目のみの埋没法の施術です。


お写真で経過を追っていきましょう。


まずは手術前です。
手術前
そんなに大きく左右差のある目ではないですが
やや左目の方が二重ラインの幅が広いですね。

細かく言えば
右目は末広型
左目は微妙に平行型 
目頭側の部分にも少しラインの形状の差があります。


この差を埋めるべく
カウンセリング時のシミュレートを経て
右目を左目に揃えるべくデザイン
右目のみに埋没法を施行しました。




右側埋没法終了直後のお写真です。
直後
片側のみの施術で
やや右目の開きが弱くなっていて
少し目が下がって見えます。
そうすると腫れて見えますね。


手術後は、
糸がつけられることによる目を開く筋肉への影響での下垂
目を開く筋肉への麻酔薬中の成分の影響での下垂(ミューラー筋へのアセチルコリンの作用)
などがあり
一時的に目が下がって見えます。
この手術後の眼瞼下垂が強いと
実際の手術によるダメージの腫れが弾いたとしても
腫れが大きく、なおかつ長く続いて感じてしまいます。
2週間以上かなりの腫れが長引く「腫れる手術」はたいていはこの理由です。


「腫れない」を目指した手術の場合は
手術機器や数々の工夫によりダメージが少ないだけでなく
この下垂の程度が小さく、なおかつ素早く引きやすいです。


麻酔の影響が少なくなって来れば
その日のうちでもだいぶ落ち着いて見えるし
2日ほどするとより滑らかに見えていることでしょう。




最後は1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
すっかり落ち着きましたね。
非常にいい感じです。


右目の目頭部分も、左目の目頭部分とそろいました。
ライン幅も近い感じですね。
左右のバランスが術前よりも更によくなりました。
大きな変化ではないにしても
このバランスを整える、という施術は非常に有効です。



元のラインの状態によっては
左右でどうしても差が出てしまうケースはありますが
差を埋めていくこと、減らすことも有効です。
カウンセリング時にシミュレートしてみて
どこまでラインの形を近づけられるか、を自分の目で確かめてみて
施術を検討するのが良いでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR