広めの平行ラインを生み出そう。

今回のお写真は広めの平行ライン。

広めを希望される患者様も多いですし
決して広すぎず、程よく落ち着いた感じなので
非常に参考になるのではないでしょうか。



まずは手術前のお写真を見ていきましょう。
手術前
やや左右でも目の感じが違いますが
ラインができると差が縮まる、というように判断できたので
左右ともに埋没法を行いました。
強い眼瞼下垂があると、かえって差が開いてしまう場合があるので
注意深くそこは診察していきます。



手術直後です。
直後
わりと広めの平行ラインが生み出されています。
腫れは大きなものは無いです。

少し時間が経って馴染んできたり
メイクが加わったりすれば、ほとんど問題は無いでしょう。




最後は1週間目です。
一週間
はっきりとした広めのライン。

上に書いたようにメイクが加わると
広い感じはあまりしなくなり
目も更に大きく見えますね。



あまり目に比較して
ラインが広すぎる、というようになると
眠そうに見えてしまう、という弱点があるのですが
この患者様の場合は、そういった様子もなく
非常にいい感じですね。




PS
拍手コメントへの返事です。


>りかこさん
埋没法の糸が出てくる、というのは非常にまれです。
特殊な方法でも取っていない限り、裏から糸が出てくるというのは更にまれです。
だから、心配しすぎる必要は無いでしょう。

ただ、かなり昔に受けた、という手術の糸が裏から出ているケースに
遭遇したこともあるにはあります。
変だな、と感じた際は、意思にチェックしてもらうのがよいかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【広めの平行ラインを生】

今回のお写真は広めの平行ライン。広めを希望される患者様も多いですし決して広すぎず、程よく落ち着いた
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR