クセを生かし、さらに落ち着いたラインにしていく。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回のお写真はクセを生かした例。
このブログでもたびたび登場しますね。


ただ、今回はクセそのまま、というよりは
もう少し落ち着いた雰囲気のラインにするべく
クセを利用しつつ、デザインし直して
埋没法を行っています。



まずは手術前です。
手術前
見るとすぐにクセがわかりますね。
強いものでなくとも、クセは明らか。
ただ、はっきりしたラインではないので
ここからくっきりとさせていきます。


手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
真ん中から目頭にかけてのあたりが
やや腫れが多いかな、というところ。
その影響で微妙にラインが乱れています。
ただ、大きな腫れは無いので
腫れがひくにつれ、ラインは整ってきます。



最後は1週間です。
一週間
落ち着いて、ラインがすっきりしています。
いい感じです。


もしもクセででるラインが強い場合は
狭くするのは難しいことがあります。


だんだん目の上の脂肪が減ってきて
目の上がくぼんでくると
結構広めにラインが出てくる場合があります。
そうすると狭く、というのはたいていの場合困難です。



クセが薄い場合は
その時点では狭くすることはまず可能です。
診察の上でそのあたりを考えながら
ラインを検討していくのがよいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR