片目の施術・埋没法で揃える

今回は片目の施術。


狭いラインを広げ、反対の目に合わせていくパターンです。
このブログでも時々載っていますね。


まずは手術前です。
手術前
見てすぐわかるように
右<左の幅ですね。


人間左右で全く対称ではなくて当たりまえなのですが
差が多少目立つときは
その差を埋め、バランスを取るという手もあります。
可能な範囲でそれを行ってみましょう。


右目に埋没法を行いました。
手術直後のお写真です。
直後
上の写真よりもすでにバランスが取れていますね。
微妙には腫れていますが、かなり少ないです。

片方だけの施術だと
もう少し腫れが出ることが多いのですが
この患者様の場合
目を開ける能力が強い(=目を開いた時の目が大きい)ので
糸をつけたとき、やや目が重くなって開きが弱くなるという現象が出にくい
そういった点によるものが大きいです。


直後の下垂が出にくいわけですね。
(よくよく見ると、右の目頭側は少しだけ下垂があるかな?というくらい)
少し時間が経てば
更に滑らかになって落ち着いていきます。


ということで
最後は1週間目のお写真です。
一週間
細かく見ていけばラインに差はあるかもしれません。
でもそれを言ったら、目の形にも細かい部分では差があるかもしれません。
左右差はほぼ無し、と言ってしまってよいと思います。
バランスが改善されましたね。


先ほども書いたように
片方の施術は、もう少し腫れが目立つ場合が多いかもしれません。
ただ、日を追って落ち着いていくので
そこは心配しすぎず、頑張っていきましょう。


両目共に施術を考えているとき
片目ずつ行って
ばれにくいようにしたい、という考えの人は結構多いのですが
そういった場合は
両目同時に行った方が目立たない事が多いです。
たいていのケースで、腫れは左右似たように出るので
かえって目立たない、というわけです。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR