一重→二重 確かな変化

今回のお写真は
一重→二重の変化。


常々書いているように
派手なラインでなくとも効果的に変化させることは可能です。


お写真を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
なんとなく薄い線がちらほら見えますが
はっきりしたラインはありません。
しっかりしたラインを生み出すべく、埋没法を左右の目に施行します。


手術直後です。
直後
すっぴんというのもありますが
ややラインが広く見える。
次の3枚目の写真と比較するとわかりやすいです。

直後ということで
やや目が開きにくくなっていますね。
麻酔の影響、糸がついたことによる筋肉の動きへの影響といったものがあげられますが
いつも書いているように、軽度であればどんどん落ち着いてきます。


手術が終わってほんとにすぐに写真を撮っているので
こんな感じですが
少し休んでいてもらってから撮ればもっと落ち着いている、というくらい
どんどん変わっていきます。


このお写真の感じよりももう少し強く下垂したとしても
2日くらいすればずいぶん改善します。
まずは様子を見てみるのがよいのはそのあたりですよね。


下垂がかなり強く出るような
腫れの強い方法で行った場合でも
2週間あればかなり違いますが
あまりにも目の開きが悪いのが続き、変に太いラインに見えているようなときは
一度糸を取って、戻してあげるのも有効な手段です。
(下垂がけっこう続いているケースでも、糸を取るとびっくりするくらいすぐに落ち着くことがほとんどです。)



最後は1週間目。
一週間
メイクも加わると目がはっきりしますね。
微妙ですけれど、2枚目のお写真よりも目の開きが大きいですね。
さっき書いたような直後の下垂がすっかりおちついているわけです。


ライン・メイクが目を映えさせて
非常にいい感じです。


どういった感じになるかは
シミュレート時にしっかり確かめることが必要です。
アイプチやメザイクをつけてくると
粘着力が残っていてシミュレートがしっかりできないので要注意ですが
通常のメイク自体は問題にならないので
カウンセリングの際はそういった状態で来ていただければ、と思います。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR