全切開直後の傷、糸の話

切開法の記事が続いて
質問も来たので
直後の目を閉じた写真を掲載します。


目を閉じると
縫った糸はやはりわかります。



では何枚か掲載していきます。
いずれも全切開法 手術終了直後です。


閉眼時
連続縫合を一部に施し、結び目は減らしています。




閉眼時
細かい部分は連続縫合でなく縫合しています。

閉眼時
目頭の部分は比較すると細かな縫合になっていますね。
目頭切開では連続縫合は用いません。




たるみを取るのが多い場合などは、連続縫合を用いない、もしくは少なめにしています。
閉眼時

閉眼時
このお写真の場合も同様ですね。



大きくたるみを取る、アンチエイジングなタルミとりの場合は
連続縫合は用いていません。


連続縫合の是非は意見が分かれますが
適応さえ間違わなければ傷に問題はなく
更に抜糸時の患者様の負担が減る、という意見が大勢であり
そこにのっとって考えています。


ただ連続縫合を用い、結び目を減らしたとしても
目を閉じたときには糸はある程度目立ちます。
でもそれ以上に腫れや内出血の方が明らかに目立ってしまうと思います。
糸は5日前後で抜糸しますが、腫れ・内出血は更に続きます。
やはりダウンタイムをきちんと取ることが大事ですね。
(メイクは抜糸翌日から可、と考えています)



PS
拍手コメントへの返事です。


>み さん
ブログ記事として質問に答えてみました!
参考にしてくださいね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR