全切開  素直なラインで。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








今回は昨日に引き続き
全切開法による二重術。




まずは手術前です。
手術前
この患者様の場合は
希望するライン(最初はもっと広めのラインが希望でした)が埋没法では難しい、という診断。
そればかりでなく、希望するラインよりもけっこう狭いラインでもどうか?という感じでした。


いろいろと考えた結果
広めのラインではなく
ある程度の広さ、といってもしっかりとした幅のあるライン
そういったラインで切開法を行うという計画を立てることに至りました。



左右両方の目に全切開法を施行。
手術直後のお写真です。
直後
直後ですが
この方の場合は、広く過ぎはしないラインということもあってか
非常に腫れが少ないです。

ただ、ピークは2,3日かもう少したってから、ということが多いです。
内出血も多少増えてきます。
といってもこれだけ腫れ、内出血がこの時点で少なければ
程度は非常に少量ですむことでしょう。




経過を見ていきましょう。1週間目です。
一週間
抜糸は5日目で行ったのですが
お写真を撮り忘れてしまい・・
ご自身で撮った1週間目のお写真を頂いたものです。
(ありがとうございます!)

僕の撮り方よりも接写なので
感じは違いますが
この時点でも内出血、腫れがすくないのがわかります。


通常は内出血が2週
腫れは1ケ月
多少前後するにせよ、それぞれ目安としては挙げられます




最後は1カ月目です。
一ケ月
1カ月目ではまだ切開した傷の部分がまだ硬さが残っていたり、と
完全には落ち着いていないのですが
もうかなり完成形に近いと思われます。
もう少し滑らかになっていくかな、というところ。



ラインさえしっかりと考えることができれば
切開法はひとつの回答となりえます。
あとはダウンタイムをきちんと確保できるかどうか。
抜糸さえすめば、メイクは可能ですが
腫れが多く出るケースもあるし
1週前後ではまだまだ腫れは残るパターンが多いため
注意は必要です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR