全切開+目頭切開での広いライン

今回は全切開法での結構広めなラインのお写真です。

「腫れない~」という名前のブログながら
今回は結構腫れが強いです!
ではさっそく見てみましょう。



まずは手術前。
手術前
やや目の開きが弱く
少し眉を上げてしまう感じがあります。
ごく軽度の眼瞼下垂といいましょうか。


全切開時に挙筋短縮術をプラスし
目の開きを大げさでなく改善させ
さらに蒙古ヒダによるつっぱりを減らすべく
目頭切開も同時に行っています。



手術から5日目、抜糸直後です。
抜糸時
この前後の日にちが腫れのピークでしょうか。
腫れてますね。腫れは多いほうです。
ただ、設定したラインも広めなので
目標地点まではわりとはやい日にちで到達するかなと。


実際、この方の場合
もうすこししたら化粧でけっこうごまかせるくらいまでにはなったとのことです。




最後は1カ月目。
一ケ月
まだ、微妙に馴染んでいないところはありますが
だいぶ落ち着きました!


この広いラインにまつ毛が合いますね。
1ケ月では完全でないとしても 
すでにかなりいい感じです。
細かい部分はじっくり様子を見ていきましょう。
でも目頭もかなり落ち着き、ヒダがなくなりいい感じにシャープです。




1枚目のお写真と比較すると
しっかりとした変化がわかりますね。




広いラインは
埋没法よりも切開法の方がやはり有利。
広めを考えている人は
考慮にいれることが必要かもしれませんね。





PS
拍手コメントへの返事です。




>のあさん
目頭切開の抜糸について、ですが
僕はだいたい5日目前後くらいで考えています。
ご検討くださいね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR