広くはない、大きな変化でもない。でもとても重要な変化。

今回は自然で、広くはないけれど目を生かすライン。
そういったお写真です。



広さはあまりないけれど
繊細で目を映えさせるようなライン
ブログをずっと読んでくれると
こういった症例が多いことに気づいてもらえるかと思います。
僕は、微細な変化に対してのこだわりが非常に強いです。
大げさでない変化。
意味が無い、という人もいるかもしれません。
でも、人によってはすごく重要な意味を持つのです。



今回のお写真に移りましょう。
では最初は手術前のお写真です。
手術前
左側はややラインがありますね。
右は一重かなと。
左右、ラインの有無でやや目の上部のまるみ・輪郭が違いますね。
一重と二重(奥二重)の目の大きさの差はこの部分にあります。


埋没法を両目に行い
両方の目に丸みを帯びさせ
もう少しラインもひろげていきます。



埋没法直後です。
直後
泣いた時のような感じですね。
そんなに目立つ腫れはないですが
やはり少し広くラインが出ています。
いつも書く、微妙な下垂状態になっているわけです。
これはすぐ落ち着いてきます。



ということで最後は1週間目。
一週間
大げさなラインではないですが
綺麗に目を映えさせています。
自然で美しい印象ですね。



こういったかたちでの変化は
非常に有効、と言えます。
手術をしたら大きく変わってしまう、ということを恐れる人も多いとは思います。
でも、このように微細な変化は可能です。
でも微細ながら、確かに目を美しく映えさせているのです。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR