しっかりとしたラインに生まれ変わらせる埋没法

このブログでもよく出てくるフレーズ
「クセを生かす」
今回もそのパターンです。


かならずしもはっきりしたクセがなくても
目を閉じて観察すると
クセになりやすい死をを発見できることは多いです。
左右でだいたい近い場所にそれがあることが多いですが
多少ずれている場合もあります。
そのずれが少しの場合は、定着しやすさを尊重して
そのまま糸をつける場合もあるし
差が大きい場合は
どちらに近づけるかを考えながら行っていきます。




では今回のお写真です。
まずは手術前です。
手術前
右はだいぶクセづいていますが
左は狭いラインのみ。
両目に対して埋没法を行い、左右にラインを生み出していきましょう。


手術終了直後です。
直後
手術直後ですがあまり腫れていません。
よーく見ると微妙に目の開きは落ちているかな、というところ。


クセを利用、ということですが
右はしっかりしたクセなのでこれをそのまま。
まさに素材を生かした感じ。
左は近い形でラインになりやすい部分を
よく観察してデザインしています。



最後は1週間目です。
一週間
さっきの写真とそんなに変わらないですが
やはり落ち着いています。
(よくよく見ると3枚のうち2枚目のお写真だけは手術直後なので、ちょっと充血していますね。)
左右揃ってしっかりしたラインとなりましたね。



目を開いてもらい観察
目を閉じてもらい観察
その繰り返しをカウンセリング時に行っています。
その方の理想となりやすい部分を重ねていくのは
なかなか難しい作業ですが
こちらとしてもやりがいのある部分。
共にしっかりと考えていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR