しっかりと主張する平行ライン。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回は広めのライン。
平行型の例です。



まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
ごく狭いラインがありますね。
平行型のラインを生み出すべくデザイン
左右両目に埋没法を施行します。



手術直後です。
直後
目が重くなって少し開きづらくなっています。
直後の下垂状態ですね。
麻酔の影響、糸の影響があるので
一時的に目が下がりますが
どんどんと落ち着いてきます。
この時点ではすっぴん、というのもありますが
やや腫れて見えますね。




最後は1週間目です。
一週間
幅のある平行型二重ですね。
綺麗なラインに落ち着きました。


直後の下垂ですが
2日ほどは結構下がる、という方はいます。
でもこのようにしっかりと落ち着いてきます。


ただ、いわゆる「腫れる手術」はこの下垂の程度が強く、しかも期間が長い。(2週~)
中には「3か月様子を見てくれれば治っていきます」と医師に説明されるケースもあるようです。
3か月そのままではちょっと苦しいですね・・


「腫れる手術」で強い下垂が長く続いている場合は
(ガチャピン状態、といわれるものですね)
長期間の我慢をするよりは
糸を一度取って、落ち着いてから付け直す
というステップを踏んであげるほうが
手間はあるものの
はるかに落ち着きがはやい、ということは多々あります。



「腫れない」を目指す中でも
まれに、もともとの眼瞼下垂のある方の場合
下垂が長く続いたり、元に戻りにくかったりする場合もありえます。
その場合は糸を減らしたり、つけ方を微妙に変えたり、というように対処することがあります。
(この理由から、ある程度以上の眼瞼下垂がもともとある場合は、埋没法は不可ということもあります)



不慮の何かが起きたときは
連絡をしていただき、診察の上で対処を考えていくのがよいですね。
でも、最初の1,2日はまずは様子見といったところ。
そこは頑張っていきましょう!



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR