切開法で広くないラインも可能。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








今回は全切開法の症例です。


切開を行うと、すごく不自然になってしまうのでは・・
と思う人も多いと思いますが
ごく自然な広さのラインで行っている方もけっこういるのです。
そういった例を見ていきましょう。


まずは手術前のお写真から。
手術前
ちょっとはっきりしないラインがあります。
もっとしっかりしたラインを
切開法を用いて生み出していきましょう。


全切開、終了直後です。
直後
あまり腫れてない印象。
そこまで広いラインを計画していないので
腫れが少なくてすんでいるかな、というところ。


ただ、全切開の腫れのピークは2,3日後、という方が一番多いです。
そこからゆるやかに引いていきます。
まずはもう少し腫れることを覚悟ですね。
あとは内出血もだんだん増えてきます。



抜糸直後のお写真に移りましょう。
手術から5日目です。
抜糸時
ほんのちょっと落ち着いてるかな、という感じ。
でも内出血は出ています。


目を閉じたときのお写真で見てみるとわかりやすいです。
閉眼 抜糸時
こんな感じ。

内出血はだんだん広がっていきますが
もうこのぐらいからはどんどんと薄くなっていきます。
もう1週くらいすると全然違うので
そこは様子を見ていきましょう。



最後は約1カ月目のお写真です。
一ケ月
まだ完全な完成ではないとしても
随分落ち着きました。
非常に自然なライン、と感じてもらえるのではないでしょうか。


このように、極端なラインではない場合は
腫れもそこまででは無いケースが多いです。
特に今回のこの方は腫れが少ないですね!
ただ、埋没法のようにはいかない。腫れが引くのはゆっくりです。
その点は注意。
やはり切開の方が大変です。



でも時間が取れる場合
しっかりとした考えを持って手術に臨めば
切開法は強い力になる、とも言えます。





切開法モニターも募集していますので
興味ある方は考えてみてくださいね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR