目を近くする効果 ・ 目頭切開

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








今回は目頭切開のお写真。



このブログでもいつも言っているように
「蒙古ヒダによる皮膚の突っ張りで隠れた部分を出す」
というのが目頭切開の効果。


言葉にすると難しいですが
図にすると

蒙古ヒダ


緑の矢印が指している部分が蒙古ヒダ
ここに引っ張られて皮膚が突っ張って目の内側の一部を隠している。
(図の赤で書いた部分)
この赤で示した部分が見えてくるようになる、と。
(使いまわしの図ですいません!)



そうすると効果の一つに
「目が近づく」
というものがあげられます。
上図の赤い部分が目の輪郭になるので
両方から目が寄ってくるわけです。




ではその点を今回のお写真で見てみましょう。

上の写真が手術前
下の写真が手術から1カ月目です。

手術前

一ヶ月


どうですか?
目頭側の目の変化がわかりますか?


目頭側の白目の面積が大きくなって
左右の目が近づいています。
上記した目頭切開の効能ですね。




目が離れているなあ、と思う人には
非常に効果的な場合もあるし
逆に目が近い、と感じている人には
不向きな場合もある、と言えます。
目が近くなりすぎちゃう、ということですね。



このあたりの近い、遠いは
個人個人の感覚が一番大事。
シミュレートした際に
自分が違和感を覚えるときは
やめておいた方が無難です。
カウンセリング時には、そこははっきりさせなくてはいけませんね。





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR