皮膚のかぶりで狭く見えるライン

皮膚というものは、かなり伸びることが可能です。
たるむこともあるし
アイプチ等で伸びてしまうこともあります。


なんとなく皮膚のかぶりが多くなってきて
ラインが狭く感じてしまう、なんていうケースは結構多い。



ラインを広げることによって
こういった部分を解消できる場合があります。
今回はそんなパターン。
実際にお写真で検証してみましょう。






手術前です。
手術前
皮膚のかぶさりでラインがちょっと狭く見えている、というように見えます。
もう少しラインを広げることによって
このかぶっている感じを減らしていきましょう。



埋没法終了直後のお写真を見てみましょう。
直後
大きな腫れはないですが
やはり腫れはあります。

そのせいで微妙に広く見えたり、狭く見えたりしているところがありますね。
この少しいびつな感じが、どんどんとおさまっていきます。
滑らかになっていく、という表現があてはまるかと思います。



最後は1週間目です。
一週間
かなりナチュラルになりました。
細かい話を言えば
1ケ月目くらいだとごく微妙にさらに滑らかになりますが
この時点で十分自然な感じなのではないでしょうか。


「腫れ」は必ずでます。
しかもしばらくは内部は炎症、というものが起きていて
厳密に言えば腫れているわけです。


ただ、見た目上腫れて感じなければよいわけですから
なるべく腫れを減らす、ということがすごく重要になってきます。
どこまで不必要な腫れを減らせるのか、というところでしょうね。


「腫れない」を目指す、というのは
そういう部分だ、と言えます。
どこまで近づくことができるか、ですね。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR