末広型ライン、自然な変化

今回は末広型のラインで目を効果的に映えさせた例です。

普段アイプチで自然なラインを作っている人の場合
埋没法で同じようなラインを生み出していくと
ほとんど違和感なく自然な二重を手に入れることが可能です。
周りからもほとんどわからないような
スムーズな変化というか。




さっそく見ていきます。
手術前です。
手術前
一重まぶたの印象ですね。
ここにラインを生み出していきましょう。


埋没法手術直後です。
直後
少し腫れてますね。
ややラインがいびつかな。

手術後のちょっとした目の開けにくさが治ってくれば
だいぶ違ってきますね。
これはすぐ落ち着いてきます。

ラインの滑らかさは少しずつ少しずつというところですが
これもわりとすぐ変わってきます。


大きな腫れはないですが
まずは様子を見ていきましょう。
日に日に違ってきます。


最後は1週間目です。
一週間
自然な感じですね。
でも細かく言えば1か月後の方が微妙に滑らかです。
ほんとうに細かい話ですが。


メイクも加わり、非常に目がはっきりしましたね。
1枚目のお写真と比べると
その効能ははっきりしているのではないでしょうか。


こういったかたちで
うまく目に合うような末広型を生み出していくと
非常に効果的に目を映えさせることが可能です。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR