蒙古ヒダのつっぱりの少ない例

前回、前々回に引き続き
平行型のラインを生み出した例を紹介します。


前回、前々回と違う点は
蒙古ヒダのつっぱりの少ない点。
ヒダが無いわけではないのですが
つっぱりが少なく
さしつかえない、とでも言いましょうか。


まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
右は奥二重かな。
左はもう少し広い末広ラインがあります。
ここに平行型ラインを生み出していきましょう。


埋没法直後です。
直後
うーむ、やや目が下がりましたね。
右のほうが左に比べ目の開きが悪くなっています。
手術直後の下垂の状態で
ちょっと腫れて見えます。
ここはすぐに落ち着いていくので様子を見ていきましょう。


ラインは変にヒダに引っ張られることなく
平行型が生み出されています。



最後は1週間目。
一週間
開きも戻り
メイクをするとラインはちょっとだけ狭くなりますが、目が大きく見えていますね!
派手なラインでは無いですが
非常に目を映えさせていて、良い感じではないでしょうか。


ラインの流れ方は
目の形、ヒダのつっぱりかた等々で
いろいろと変わってきます。


自身の目だとどんな感じのラインが可能か?
その部分はカウンセリング時のシミュレートで確かめましょう。



>ナオミさん
ではお待ちしております!
ご協力ありがとうございます!!




>ななみさん
またわからないことがあれば
お聞きくださいね!




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR