素直な平行型への変化

今回も前回に引き続き

蒙古ヒダがあるパターンでの
平行型への変化です。
前回と比較しながら見てもらうと
いろいろ参考になるかもしれません。



ではさっそく見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
あまりはっきりしたラインは無く、一重の印象です。
(実際は奥二重が微妙にあります。)



埋没法直後のお写真です。
直後
平行型のラインが生み出されています。


このラインより下方に
強く引っ張る力がないので
無理なく平行ラインが出ています。


あまり突っ張ったラインがあったりすると
そこに引っ張られて
上のラインが消えやすい、という感じになるのですが
このケースでは問題ないです。


最後は1週間目です。
一週間
落ち着いて綺麗な平行型ライン
しっかりと見受けられますね。


蒙古ヒダがあっても
このように自然に平行型を生み出しやすい方もいらっしゃいます。
もともとのラインやヒダの強さにもよるので
カウンセリング時にその部分をチェックして
考えながらラインの検討を行っていくことが大事です。





PS
拍手コメントへの返事です。



>-さん


埋没法は何回まで繰り返すことができるか
という点で言うと
具体的な決まりは全くないです。

実際かなりくりかえしても
問題ないことがほとんどだと思います。

ただ、短期間で戻るのを繰り返すようなラインの場合は
狭いラインに考え直したり
切開法に移ることが
「望ましい」、といったところです。


前の手術からけっこう時間があいているのであれば
補強手術は考えてみてよいかと思います。




>ナオミさん
ありがとうございます!
日程について、ですが
連絡いたしますです!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR