蒙古ヒダが強い目に平行を生み出す場合

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回は
蒙古ヒダが強い目に
平行型のラインを作り出した例です。




まずは手術前です。
手術前
蒙古ヒダがしっかりとあるのがわかりますね。
ラインはそこに引っ張られ、末広型です。



埋没法を両目に行った手術直後です。
直後
内側を中心に目の開きがやや弱っています。
この下垂によって腫れて見える、といったところ。

下のラインに逆らうようにして
内側に多く糸をつけているので
ちょっと腫れは多く出ていますね。
ただ、引くのは速いです。



最後は1週間目。
一週間
開きが戻って落ち着きましたね。
いい感じの平行ラインが出ています。


ただ、こういったパターンの場合
蒙古ヒダの引っ張りが強いので
元に戻ってしまう確率も通常よりも高い、と考えなくてはいけません。
シミュレーションをしてみて判断しますが
そういったケースは多いのです。
(クセが出ていたりして、余裕で可能、というケースもあります)


ラインにとっては
目頭切開を行う事の方が
正解なのでしょうが
”切る”という行為はハードルが高いし
目の間の距離の変化も起きるため
なかなか難しい場合もあります。
悩ましいところです。



蒙古ヒダの強い症例に対し
埋没法による平行ラインの作成を
断るクリニックもあります。
それはある意味正しい判断と言わざるを得ない。
線引きは難しいので完全に正解とは言えないので難しいです。



当院の場合は
事前に上記の様な説明をしたうえで
考えてもらう、というところです。
ややチャレンジな部分は伴いますが
経過を見ていきます。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR