目頭切開の効力、目の内側を丸っこい感じからシャープな印象へ変化させる

目頭切開は蒙古ヒダを無くす効果があります。

蒙古ヒダをなくす、ということは
皮膚の突っ張った部分を変化させ
白目の見え方を変えるということ。


白目~赤い粘膜部分
といった部分が
きちんと露出してくるということです。



言葉では難しいですね。
わかりやすいお写真で見ていきましょう。
2枚のお写真を見比べていきます。
1枚目は手術前
2枚目は抜糸の際のもので4日目です。


手術前

抜糸時

1枚目を見ると
ヒダらしいヒダがあるわけではないですが
実際に見てみると
白目~赤い粘膜の部分が
皮膚の突っ張りによって隠れているのです。


目頭切開を行うことで
この隠れていた部分を露出させたのが
2枚目のお写真。


比較してみてどうですか?




1枚目は目頭側が丸く、どちらかというとかわいい系の印象
2枚目は目頭側がシャープに尖っていて、どちらかというと美人系の印象。
どちらがいいか、というのは断定できるものではありません。



手術前のカウンセリング時に、どんな形になるかは
実際の目で確かめることが可能なので
元の目と、変化後の予測とを比較して
どちらがより自分の好みに近いかを検討して
手術受ける・受けないを考えていく必要があります。






関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR