ぼんやりしたラインをはっきりとしたものに。

アイプチ等での少しずつクセができたり
だんだん上の方に自然にぼんやりとした線がでてきたり
いろいろなパターンはありますが
「クセづいてくる」ということは多いです。
そのままだんだんとしっかりしたラインになってしまうこともあります。

ただし、ちゃんとした二重のラインにならないケースも多い。
ぼんやりした線のままの状態。


このラインをしっかりしたものにさしたい、という希望は多いです。
簡単に埋没法で可能な場合もあるし
眼瞼下垂を伴っていて、それに対し何らかの手術を加えなくてはなりにくい場合もあるし
様々ではあります。
そこはカウンセリング時の診察で
はっきりさせていくことが重要です。





今回のケースは
こういったクセを参考にしつつ
埋没法を行った例です。


まずは手術前のお写真です。
手術前
左はすこしラインがありますが
やや薄い。
右はもっと薄いですね。
ここにラインを生み出していきましょう。


埋没法を左右両方の目に施行しました。
直後のお写真です。
直後
しっかりしたラインになっていますね。
ただ、少し広く出ています。
やや腫れていますが大きなものではないので
すぐに落ち着いてきます。



最後は1週間目。
一週間
はっきりしたラインが目を映えさせています。


このようにはっきりしないクセを
きちんと二重、と言えるようなラインにしていくことは
非常に意味がある、と言えます。


つけまつげをすれば出る、なんてパターンや
アイプチを取った後もしばらくそのラインが残る、などといったケースでは
埋没法で十分いける、ということが多いです。






PS
拍手コメントへの返事です。


>なおみさん
ダウンタイムは、やはりきちんと想像しておかなくてはいけないです。
ある程度は考えなくてはいけない。
自分だけは大丈夫じゃないかな!?なんてのは良くないですよね。

でもこちら側も出来る限り
そういった困る時間を軽減できるよう
考えていきます!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR