昨日の続き 切開法・目を閉じたときのお写真

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







さっそくリクエストがあったので
昨日のお写真の患者様の目を閉じたときのお写真を掲載します。
切開をしているわけですから閉瞼時には傷が見えます。
ただ、通常は二重の線のようになっていて
良くわからないケースがほとんどです。
では見ていきましょう。





まずは抜糸時の開いた写真&閉じた写真。
抜糸時
閉眼抜糸時
二重を作るだけの場合は
もっと傷は短くても可能ですが
今回のパターンは少し余った皮膚を取り去っているので
目尻側に少し長い傷となっています。
(白目の端っこよりも明らかに外まで切っています。)

皮膚の余りが多くない場合や
かなり広いラインにする場合などは
まるっきり皮膚を取らないこともありますし
このように取り去る場合もある。
目によってケースバイケースですね。






次は1か月たってからのお写真。
一カ月目
閉眼1ケ月
化粧もあるのであまりよくわからないですが
かなり落ち着いています。
左側はすこしまだ滑らかになりきっていないかなというところ。
傷の硬さが解消されると
こういった細部も随分変わってきます。


昨日は
切開の1ケ月目が埋没法の1週目に相当する、というようなことを書きましたが
切開の3か月目が埋没法の1カ月目に相当する、という感じです。
おおまかな言い方ですが
参考になる言葉ではあります。


切った傷、というものはけっこう長い期間赤みをおびていることも多いです。
そういった部分は、アイメイクでうまく隠してあげることも重要ですね。
徐々に落ち着いていきます。
時間はかかりますが
うまく待つ、ことですね。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR