昨日と同パターンの例

昨日と同じ片目のみの施術のパターン。


腫れも昨日と同じような感じ
やや腫れのわかりやすい例です。


「腫れない」ブログなのに・・
と言わずにチェックしていきましょう。
逆に言えば腫れる、といってもこのくらいだし
引くのは速いです。


ではさっそく見ていきましょう。


まずは手術前。
手術前
右のラインが狭く
左右差がある、ということで
右側の埋没法を計画します。


手術直後です。
直後
腫れがわかります。
昨日とまったく同じパターン。


麻酔や糸をつけたことによって
やや目が重くなる=下垂が起きているわけです。
内側の腫れが多いかな。


やはり右だけ腫れている状況だと
腫れがわかりやすいですね。
もう少しおさえられたら、というところですが
まずは様子を見ていきます。
ただ、ダメージの少ない施術を心がけた際には
腫れが引くのもはやいです。



ということで1週間目。
一週間
すっかりおさまって
左右のバランスが非常に良くなっています。
いい感じに落ち着いていますね!


先に書いたように
もう少し腫れをおさえられれば、という例でした。
手術の様々な影響を受けやすいのでしょうが
さらなる結果を出せるよう精進しなくてはいけないと思います。



術後の注意や生活制限なども含め
ダウンタイムはどうしても仕方ない部分はあると思います。
(僕は術後の注意については、いろいろうるさいです)
でも不必要に腫れが多くなってしまったりは
避けられる限り避けなくてはいけない。
無駄を省くさらなる工夫を考えたり
現在行っている手技の精度を高めるしかないです。
ゴールは無いですね。
「腫れない」を目指して。




PS
拍手コメントへの返事です。

>なおみさん
宜しくお願いします!
ありがとうございます!!



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR