片目の施術で揃えていく

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回は片目の施術のお写真です。
やや最初は腫れて見えますが
左右差を埋めることによって
バランスを良くしていくことには
非常に意義がある、ということもおわかりいただけるかと思います。



まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
右側に比べ
左側のラインは狭いですね。
左右の差があるのがややわかりやすいかなと。


左右の差は大小の違いはあれども
だれでもありますが
左側を広くして、差を少なくすることを計画します。


ということで左側に埋没法を行いました。
手術直後のお写真です。
直後
左右を比べると腫れて見えるのがわかりますね。

片方だけが
激しく泣いた翌日の目のような感じというか。



腫れがあるうえに
糸がついたことによって一時的な下垂が起きて
目の開きが弱くなっているので
差がはっきりしています。

ただ、下垂はどんどん落ち着いていきます。
様子を見ていきましょう。
1,2日でもかなり落ち着きます。



最後は1週間目。
一週間
かなり左右がそろいましたね。
もう少し時間が経つと
さらにナチュラルになり、更にそろっていくかなと言うところ。


左右同時に行う方が
かえって差は出にくい場合もありますが
このように片方を行って
様子を見ていくことも十分に可能です。


片方にはラインがあって
そこに揃えていく場合でも
ややもともとのラインが薄い場合などは
両方埋没法を行ってしまう方が
その後ラインがよりそろって見えやすい、というケースもあります。


どのような戦略を立てていくかは
カウンセリング時によく話し合って、ですね。





PS
拍手コメントへの返事です。


>なおみさん
半年後、でもOKですよ!


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR