ほんのり、、でも主張する平行ライン

だんだんお盆が近づき
更にオリンピックもあり
街の人の流れはいつもと少し違うかなというところ


お盆はやっぱり混み合いますが
変わらずに集中していこうと思います。





ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回のお写真は
人気の 派手すぎない平行型ライン
さっそくお写真に移りましょう。



まずは手術前から見ていきます。
手術前
うっすらとクセが見えるかな。
でもはっきりしたものはないので
一重の印象です。



埋没法手術直後です。
直後
大きな腫れはないですが
まだちょっとだけいびつかな。
細かい話ですけれどね。




最後は1週間目です。
一週間
メイクすると、ラインは広く見えないくらい。
すごく広い平行ではなく、ほんのり、という感じかもしれません。
でもしっかりと目頭から伸び
存在感のある、主張するラインとなっています。

このぐらいの幅なら
すっぴんでも
そんなにのっぺりとはしないと思います。



どこまで広くするか、はその人その人の感覚です。
どこまで可能か、という診察による判断と照らし合わせて
ラインを決定していきます。




PS
拍手コメントへの返事です。



>しーさん
埋没法だけでも簡単に広い平行型が可能な人もいますし
ある程度の幅を作るために切開法でなくては平行型にならない人もいます。

あとは蒙古ヒダが強いと
末広型になりやすいので
ヒダを解消するために目頭切開が必要なケースもありますね。

どこまで必要か、は診察の上で判断していきます。



>なおみさん
あ!誰だかわかりました!!


もし可能ならば送っていただけるとありがたいです!!!

そして読み続けてくださってありがとうございます!


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR