腫れのわかりやすい例

今回は少し腫れがわかりやすいかな、という例です。



腫れは、さまざまな工夫をこらせば、けっこう抑えることは可能です。
ずっとブログを見てきている人たちには
かなりその事実が伝わっているのではないかな、と思います。


でも直後だと
今回の例のようにすこしわかりやすい方も
いらっしゃいます。
参考にしていただければ、と思います。






まずは手術前、見てみましょう。
手術前
末広型のくっきりしたラインがあります。
綺麗な目ですね。

ただ、もっと内側にラインが欲しい、という希望
平行型のラインが希望です。

ということで内側を中心に
幅を広げることを計画。


左右両方の目に埋没法を行いました。




埋没法終了直後のお写真です。
直後
腫れがありますね。
すごいものではないですけれども、ちょっとわかるところ。
3枚目のお写真と比べるとよりわかります。
下にある末広のラインに逆らうようにして糸をつけているので
やや腫れが出やすいです。
目が重くなって、開きにくくなっているわけです。(内側が特に)

でも、この下垂は一時的なものですぐ治っていきます。
筋肉の方も少し馴染み、麻酔が切れてくる1~2時間後でもけっこう違います。


すぐひく腫れ、といっても最初は我慢が必要。
ただ、腫れるといっても、多くともこのくらいまでですね。
心配しすぎることは無いです。






最後は1週間目。
一週間
ラインも落ち着き、化粧も加わりいい感じ。
2枚目のお写真のような、泣いた後的な状態はすっかり落ち着いています。


腫れは上記したように
通常このぐらいまでと思います。
どんどん体が馴染んでいくので様子をみてもらってよいです。


腫れに対してさまざま工夫した手術の場合
引くのがはやいのです。



ただ、腫れていようといまいと
あせって変にいじったりはしないほうがいいですね。
余計なことをして
感染が起きてしまったりするのは
本当にもったいない話。
あわてないことですね。


腫れがおさまってしばらくした後に
痛くなってきたり、腫れが変に新たに出てくるときは
感染の可能性があるので
そういう場合ははやめにチェック!ですね。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR