末広型ではっきり感の強さを出す

美しく自然なラインになるようデザインするにはどうしたらよいか?
ラインには答えが無いだけに難しいです。


施術する医師のひとりよがりのものになってしまってはいけない。
そこはかなり気をつけていかなくてはならない。


でも希望をなんでも聞けばいいかというとそうではなく
きちんとした診断もくださなくてはいけない。
できること、できないことはしっかりと伝えなくてはいけません。


カウンセリング時には
シミュレートも通し
共に考えることが大事なわけです。
コミュニケーションですね。



そうこういろいろ考えつつ
今日のお写真に移ります。



今回は末広型のラインを生み出すことにより
しっかりと目を映えさせた例です。




まずは手術前です。
手術前
くせはありますが
ちょっとぼやけて感じるので
もっとはっきりするよう
末広型のラインでむしろ目尻側を強調する方針になりました。



手術直後です。
直後
ちょっと腫れて見えますね。
やや目の開きが弱まっています。
どんどんしっかり開けるようになるので
様子を見ていくと・・


最後1週間目です。
一週間
メイクも加わり
ばちっとした感じ。
平行に比べ、強めの印象があるかなと。
はっきりしますね。

平行の方がもうちょっと柔らかい印象になるかと。
どちらがよいかは本人次第。
優劣があるものではないので
そこは本人の趣向ですね!


どういう方針にするのか
まず希望を言っていただき
(うちのクリニックではまず最初に書いてもらっていますね。)
そこをシミュレートを通し共に見ながら考えていく。
重要な作業を
カウンセリング時に頑張りましょう!



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR