夏休みシーズン。

夏休みになり
カウンセリングを受ける方のうちに
学生が占める割合が多くなってきたかな?
という感じです。



時期によっては
混み合うので
お早目のご予約をお願いします。



カウンセリングで
できることできないことをはっきりさせ
自分にとって
その手術が意味のあるものかどうか、という点を
しっかりと考えていきましょう。
まずは診察が大事、というところですね。




ということで
今回のお写真に移ります。
しっかりとしたラインを生み出し
かつ左右の目を揃えていった例です。



では手術前のお写真から見ていきます。
手術前
こう見ると
少しだけ差がありますね。
そういった部分を整えていく感じで
左右両方の目に埋没法を行っていきます。


手術直後です。
直後
内側が広く見えますね。
目が少し開けづらく、幅が広く見える。
3個前の記事に書いた腫れの話の通りの状態ですね。

麻酔の影響での軽い下垂もありますが
その効果はちょっとすると切れてくるので
1~2時間後でももっと落ち着いていますね。

前にも書きましたが
写真を撮る際に手術直後じゃなくて
2時間くらい待っててもらえば
もっといい感じに落ち着いてる写真が撮れるんですけどね!
・・まあそうもいかないので
手術が終わってほんとに直後に撮ってます。


最後は1週間目。
一週間
メイクをしているので
巣のラインがちょっとわかりにくいですが
左右を揃えていい感じに落ち着いています。


大きな変化ではないかもしれませんが
こういった細かな部分は
繊細なデザインが大事になってきます。
術前の診察もさながら
手術直前での再度のシミュレートも重要ですね。



カウンセリングのときはシミュレートを当然行うけれど
「手術の直前にもそういった確かめはやってもらえますか?」
という声はけっこう聞かれます。

でも手術前も当然行います。
これは手術で希望のラインが可能かどうかの診察ではなく
細かな部分まで確かめて
手術へのデザインを行うためです。
絶対必要で、必ず行うので安心して下さい。


確かめないで適当に行うなんて
こっちも怖くてできないですよね!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR