広めラインの埋没法

今回は、目を開いてもけっこうライン幅が大きく出るタイプ。
広めの二重まぶた例です。


このぐらいじゃまだまだ広くない、という人もいるかもしれませんが
(確かにめちゃめちゃ広いラインではないです)
その辺の感覚はまた人それぞれですね。
実際もっと広くしている人もいますし
その人その人の目にも寄る、といったところ


ではさっそく見ていきます。まずは手術前です。
手術前
右はラインがほぼ見えない奥二重
左側は末広のけっこうはっきりしたラインがあります。

こういった目の方の場合
左目のラインに右目を合わせていく
といった方針を取る方もいますが
今回は両方の目のラインを広げていく、というプラン。


平行のラインを目指していきます。
よーく見ると
なんとなく広いラインのクセは見えるかな?という感じ。


そういったところも参考にしつつデザイン。
両方の目に埋没法を行っていきます。





ということで
埋没法手術直後です。
直後
けっこう幅のあるラインが生まれました。
手術直後なのでちょっとだけ目が開きにくくなっているというのもあって
(なので少し眠そうに見えるかな?)
その分広く見えているのもあるのですが
いずれにしても結構広めのラインです。
こういったタイプのラインはメイクがあるほうがぱちっとしますね。



1週間目のお写真を見ましょう。
一週間
メイクをするとそんなに広さは感じにくいです。

埋没法で可能かどうか、というのはその人によっても分かれますが
もっと広いラインを目指す人もいます。
普段のメイクが強めの場合
それでもおかしくないケースも多いです。

埋没法の場合
個人個人で限界があり
広いラインが難しい人もいます。
その場合は、切開法に頼らざるを得ないです。
どこまでを行うか?
そこはしっかり考えなくてはいけない部分ですね。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR