クセを安定させて、ラインを手に入れる!

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








アイプチ等をし続けているうちにある程度ついてくるクセ
そういったものを手術で安定させていく、という症例を
前回も掲載しました。

今回もそういった方針での手術です。


大きな変化はない、というか
いつもと全然変わらない、かもしれないですが
ご自身にとっては大きな意味のあるものだと思います。




では今回の例を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
ぼんやりクセはありますが
はっきりしたラインではないのでちょっと目が小さく見えます。
左の方がまだ少しクセが強いので、右に比べやや目が大きく見えます。
アイプチ等使用すればこのクセをはっきりさせることは十分可能ですが
手間や皮膚に対する刺激等考えると
埋没法の方が有利、と考え手術に踏み切ったわけです。


埋没法直後のお写真を見てみましょう。
直後
ラインがしっかりすると
目もはっきりしますね。
微妙には腫れているのでしょうが、ほとんど問題ない、と言っていいのではないでしょうか。
すでにいい感じです。


最後のお写真は1週間目です。
一週間
細かく見ると、より馴染んでいますが
2枚目と大きくは変わらないかな。

アイプチをしていた頃ともあまり変わりはない、と思いますが
そういう意味では、ほんとに何日間かだけで周りからは全然わからない、という状態かな、と。
非常に良い、自然で美しいラインが生み出せました。


冒頭に書いたように
大きな意味がある手術だと思います。




PS
拍手コメントへの返事です。


>マイカさん
また何かあればご質問下さい。
ぼくなりの意見、というかたちになりますが
お答えしますね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR