埋没法後の埋没法

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回のお写真は
過去に埋没法を行った経験のある方で
戻ってしまった部分を直したり
ラインがあいまいになってきたところを補正する
そういった目的で再度埋没法を行った例です。



まずは手術前です。
手術前
左側はけっこうしっかりラインがありますが、やや乱れている部分があるので、そこを整える方針で。
右側は狭いラインしかないので、左に合わせていく方針。
そういったかたちで左右に埋没法を行いました。


埋没法直後です。
直後
腫れは少ないですね。
やや右の方が腫れは多いですが(少し広めに見えますね。)
現時点でもラインがそろってバランスが良くなっていることがわかります。


最後は1週間目のお写真です。
一週間
メイクも加わり、非常に映えています。
わざとらしくない、自然な平行型ラインが美しいです。


この方は、右側は少し前に他院で再度の手術を行ったのですが
やや広くなりすぎて、当院で抜糸を行いました。
その後落ち着いてから、このお写真の様に付け直しを行っています。


広めのラインから修正する場合
糸を取って、少し時間をおいてから
狭いラインのシミュレートをしっかりおこなった上で
再度の手術を行うのがベストです。

広いラインがある状態では
うまくシミュレートできず
”だいたいの位置で”、というかたちの手術になってしまうからです。

修正はこのように少し遠回りになっても
確実な形で行うのが良いですね。




PS

拍手コメントへの返事です。


>あいさん
そうですね、まあ放っておけばよいですよ!
ブログでもなんでもいろいろなんくせつけてくる人はいるでしょうが
僕は変わらず歩き続けるだけです!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR