自然なかたちで生み出された末広型のライン

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回は末広型の自然なラインを生み出した例。
無理ないラインが魅力の末広型。


平行型の人気もかなり高くなってきた昨今ですが
やはり根強い末広人気。




まずは手術前からです。
手術前
うっすらクセはあるかな?
というところですね。
しっかりとしたラインを生み出していきましょう!


埋没法直後です。
直後
微妙に腫れていますね。
次の写真と見比べるとわかりますが
内側のラインがやや乱れている。
この辺は日を追うごとに自然になっていきます。



最後は1週間目のお写真です。
一週間
落ち着いて、きれいな末広ラインが出ています。
メイクもあいまっていい感じですね。


美しく自然なライン、という観点で考えたとき
平行型が似合う目
末広型が似合う目
もともとの目によって、蒙古ヒダのかたちによって
などなど、いろいろな条件によって
なりやすいラインは変わってきます。


そこをうまく引き出してあげるのが
美しいラインに近づく秘訣と言えますね。




PS
拍手コメントへの返事です。


>みんさん
時間のたった古い糸は、現時点で問題がなければ無理に取る必要は無いです。
非常に取りづらいことも多く
取ることによって、傷が残ってしまう等のデメリットが増えてしまうのであれば
かえって損なためです。


>なおみさん
おほめ頂きありがとうございます!
とにかく貫いていくしかないですね。
頑張ります!


>あいさん
2ちゃんねる、前に友人にも言われたことありますよー。
「自演ばかりしてる」って書かれてるって。
そんなにひまないんすよ、こっちは、って感じですね。
まあ、そう思う人は思えばいいし、ってところでしょうか。
匿名掲示板をうのみにするといい情報にはたどり着けないです。






関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR