なんとなくぼやけてきた目元をはっきりさせる。

少しずつ年齢を重ねるにしたがって
なんとなく二重まぶたのラインが狭くなる、だとか
ラインがぼやけてはっきりしないものになってくる
といったことは、往々にしてありがちです。


そういった状態に対して
〇はっきりしないラインを埋没法ではっきりさせる
〇たるみで狭くなったラインよりも広いラインを埋没法で生み出し、もともとの感じに近い状態の目にする

といったアンチエイジング的な埋没法を行うこともあります。


くぼみが強かったり
たるみが多かったりすると
埋没法では苦しい、という風になってくるので
カウンセリング時に診察をして
可能かどうかを判断することが必要になってきます。


切らない施術でなんとかしたい、という方は多いので
その可否をしっかり見ていき、適応を決めていかねばなりません。



では今回のケースを見ていきましょう。
手術前
手術前のお写真で見ると、ややラインがはっきりしません。
あと、以前に比べ、狭くなってしまった感もある、とのこと。
埋没法でラインを広げ、はっきりした印象を生み出していきましょう。


手術直後です。
直後
微妙に腫れてはいますが、感じが変わったのがわかりますね。
目力、が変化したとでも言うべきか。
けっこうはっきりしますね。
いい感じです。


さらに一週間目のお写真を見ていきましょう。
一週間
大きな変化はないけれども
ラインがしっかりしたものになり幅も出てくると
やはり違いますね。


狭くなってきたかな?
なんて悩みの人には
この変化の”良さ”がお分かり頂けるのではないでしょうか?!


たるみがかぶってきて微妙に狭くなってしまった・・・なんて方にとっては
けっこうしっかりした効果を生み出すのでおすすめですね。
微妙なたるみは他人にとってはほとんど気にならないのかもしれませんが
自分にとって気になる場合にはこういった方法もあり、ということです。






PS

拍手コメントへの返事です。

>なおみさん
確かにディファイン等コンタクトで黒目を大きく見せている人は多いですね。
目を大きく見せる手段の一つとして
確かに有効なものだと思います!


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR