さりげなく自然な美しさを求めて。

今回のお写真は
一重まぶた→二重
自然で美しいラインを生み出した例です。



大きな変化を求めている人も多い。
でも、派手なラインを恐れる人もいます。
手術したら、すごく変わってしまうのではないかな・・・?と。


やはり変わるは変わります。
変化は起きます。
でも自然なものであれば、問題は少ない。
(あといつもアイプチ等で作っているラインであれば、変化してもわかりにくいですけどね)



自然でさりげない、でも美しい変化。
そんな例を見てみましょう。



まずは手術前。
手術前
奥二重は微妙に見受けられますが
一重、といった印象です。
埋没法でラインを生み出していきましょう。


手術直後です。
直後
ちょっと腫れていて、なんとなくぼてっとしているかな。
すこし目がひらきにくくて、とろんとしているような感じ。
こういった腫れであれば、すぐに落ち着いてきます。


最後、1週間目のお写真で見てみましょう。
一週間
もうすっかり自然。
いい感じに目が映えていますね。
アイメイクの効果でラインも広すぎる、なんて見えることはないのではないでしょうか。
表情もいい感じ!
(切っちゃっているのでわかりにくいですが)


こういった風に
さりげないラインで目を魅せていく。
一つの回答ですね。


広いライン
狭いライン
どちらが良いか、どちらが似合うかは本人次第。
逆に狭いラインを生み出すのが難しい人もいらっしゃいます。
よく考えていくことが大事です。
カウンセリングを通して
共に考えていきましょう。















関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【さりげなく自然な美しさを求めて。】

今回のお写真は一重まぶた→二重自然で美しいラインを生み出した例です。大きな変化を求めている人も多い。でも、派手なラインを恐れる人もいます。手術したら、すごく変わってしまうのではないかな・・・?と。やはり変わるは変わります。変化は起きます。でも自然なもの...
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR