昨日の続き、目頭切開。

昨日の続きです。
1つ前の記事とあわせて読んでみてくださいね。



目頭切開の手術法がいろいろある中で
僕がメインで使うのはZ形成を利用した方法です。

Z形成の原理はこんな感じ。
Z法
僕の手書きの図で相変わらず下手ですが
まあその辺はさておき

上の図で青く書いた線の様に切ります。
ピンクの点と緑の点に注目して見て下さい。
青い線に沿って切った後は
2つ三角ができますが
その2つを入れ替えます。
ピンクの点が上に来て
緑の点が下に来ました。
入れ替わってますね。

この入れ替わりを利用しているのです。
空間的な入れ替え。
そうすると、元に戻らない。
無理に引っ張っているわけでなく位置を変えているので
戻れないのです


ちょっとわかりにくいですが
よく図を見て考えてみてみてくださいね。


で昨日の方のお写真をここで見てみます。
(全体像は昨日の記事で見てみてください)


左目の拡大写真(手術前と直後です)
左 手術前
      ↓  ↓  ↓
左直後


切り方・入れ替え方のイメージとしては
突っ張って下に引っ張られている側が
空間の入れ替えで
上側に来ている、というところ。
(上の図で言うと、ピンクの点のところが
蒙古ヒダの先端くらいにあたります。)



こういった手術をしているわけです。
細かい説明はやはりブログではなかなか難しいですね。
図も含め、詳しくはカウンセリングでお話しします。



あと、右目側も掲載します。
右 手術前
      ↓  ↓  ↓
右直後

右目は手術直後なのですが
内出血がけっこう出ていますね。
割合は低いと思いますが(だいたいは左目みたいなくらいの感じでしょうか)
こういうケースも考えられますので
やはりダウンタイムは考えなくてはいけない。
おそらく1週くらいで化粧をすればけっこう隠せるとは思いますが
抜糸(約5日目程度)も含め
都合の良い日にちはきっちり考えなくてはいけませんね。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【昨日の続き、目頭切開。】

昨日の続きです。1つ前の記事とあわせて読んでみてくださいね。目頭切開の手術法がいろいろある中で僕がメインで使うのはZ形成を利用した方法です。Z形成の原理はこんな感じ。僕の手書きの図で相変わらず下手ですがまあその辺はさておき上の図で青く書いた線の様に切り?...
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR