左右差の見られる場合でも。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回は少し目の大きさの違いのある患者様の例です。
目の左右差、ということでいうと
多かれ少なかれ、目は左右で違います。


差が大きい場合には
手術的手法で差を埋めてあげれば
より自然な印象を生み出すことができます。


今回のお写真の方の場合は
ラインを生み出すことによって
差を縮めたパターンです。
さっそく見てみましょう。



まずは手術前です。
手術前
比較すると、全体的にやや左目が小さいです。
目の開きだけでなく、微妙に一回り輪郭が小さいというか。
左右の差が目立ちにくくなるようにラインを考えて
埋没法を両目に施行しました。

ということで手術直後のお写真。
直後
両目ともにラインが生み出されていますね。
縦方向の目の大きさとしては
左目のほうがやはり右よりも小さいのですが
もっとラインをひろくしてそこを近づけようとすると、変に広くなってしまいます。
そこで見た目のバランスのとれた、このくらいの広さのラインにしているわけです。
そのさじ加減が難しいところです。
手術前にしっかりとシミュレートして考えていかなくてはいけませんね。




手術を行った結果
差が残っているといっても
左右の目がかなり似た感じになったと言ってよいと思います。



最後は1週間目です。
一週間
いい感じですね。
このぐらい揃えば問題ないのではないでしょうか。
基本的な埋没法のみの手術で
十分な結果を生んでいると思います。




もっと目の開きが良くない方の場合は
眼瞼下垂の手術を伴わなくては厳しいこともあります。
ある程度までの下垂で、なおかつ若い人であれば
切らないで糸を使った下垂手術もあるので
そういった手段で目を大きくしていきます。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【左右差の見られる場合でも。】

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。携帯サイトですドクター松井クリニック携帯サイトこちらからPCの方へ。ドクター松井クリニック・ホームページこちらから☆初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下...
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR