もう5月も終わります。

予約の混みあったゴールデンウィーク
そんな5月も終わり
もう明日からは6月。
2012年ももう半ばにさしかかってきたという感じ。




ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








今日のお写真は
一重まぶた→平行二重まぶた
といった変化で
メイクで映えるラインを生み出した例です。


目の形やまぶたの厚ぼったさによって
可能なラインの範囲は変わってきます。
目を生かせるライン
それを探すためにしっかりと探っていきます。


では今回のお写真を見ていきましょう。
まずは手術前。
手術前
一重まぶたです。
やはりはっきりしたラインが欲しい!
ということで来院されました。

一重で少し目が重く見えるので
左右にラインを生み出していって様子を見ていきましょう。



次は手術直後のラインです。
両目に埋没法を行っています。
直後
少しむくんでいますが
ラインが生み出されているのがわかります。
大きな腫れがなく、この時点でも不自然さはあまりないですが
すこしずつ更に滑らかに落ち着いてきます。
楽しみですね。




最後は1週間目です。
一週間
華やかな印象の目ですね。
メイクで非常に映えます。
ただ、このぐらいのラインがあれば
2枚目の写真でもわかるように
すっぴんでもしっかりと二重まぶただな、という感じなのではないでしょうか。


手術を受け
ラインが生み出されることにより
お化粧の幅が広がった、だとか
メイクが楽しくなった、という声は多いです。

(その他には アイプチ等に頼らなくてよくなったので、時間が節約できて、朝がすごく楽になったという声も多いですね。)


最初にも書いたように
自分の目を生かすのはどんなラインなのか、というのを
しっかりと考えて手術を行うことは非常に大事です。

そしてそこには
自分がどんなメイクをするのか?というのも
絡んでくるわけですね。




いろいろな方向の視点から考え
自分にとって最大限のプラスを目指しましょう。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【もう5月も終わります。】

予約の混みあったゴールデンウィークそんな5月も終わりもう明日からは6月。2012年ももう半ばにさしかかってきたという感じ。ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。携帯サイトですドクター松井クリニック携帯サイトこちらからP...
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR