蒙古ヒダを軽減し、目を近づける

今回は目頭切開のお写真。


目頭切開という手術の効果は
目の内側をぐーっと引き伸ばして大きくする、というわけではありません。
メインの能力はいつもこのブログでも書いているように
目頭側にある、「蒙古ヒダ」というつっぱる部分をとり
ヒダによって隠れていた部分を出し、目のかたちを整えるというものです。

このとき隠れていた部分が出てくると
目頭側、目の面積が少し大きくなり
左右の目が微妙に近づくわけです。



今回のお写真でその点を見てみましょう。
手術前

一ケ月

上の写真が手術前
下の写真が1カ月目です。

細かな変化かもしれませんが
目頭切開によって、目頭側の赤い部分(粘膜の部分)で隠れていたところが出てきて
全体でみると、少し目が近くなっているわけです。
こういったところを整えられるのが目頭切開の強み。


1枚目、2枚目どちらの目が好きか、といった問いは好み次第で答えが分かれると思います。
カウンセリング時に目頭切開をした後の目をシミュレートすることは可能なので
おおよその術後の目のかたちは見て取れます。
そのうえで、元のままがよいか、目頭切開をするのがよいのか
考えて決定していくのが良いでしょう。


蒙古ヒダの部分が気になる人には
うってつけ、とも言えるものですが
もともと目が近い場合には目が寄って見えるケースもあるので
注意が必要になってきます。


今回のお写真の様に
自然で美しい変化であれば
問題ないと思うので
シミュレートでしっかり確かめていけばよいですね。




PS
拍手コメントへの返事です。


>ninaさん
眼窩でのまぶたをひっくり返す検査ですが
手術から少なくとも
1か月半くらいはあけてから、のほうが
無難です。
それ以降はまず問題ないです。
余談ですが、手術の方法によってはこのまぶたをひっくり返す、というのが非常にやりづらくなることもあります。
そういった際には無理に引っ張って糸が切れてしまう、というのも無いとは言えないですが
たいていは大丈夫でしょう。


>kさん
手術お疲れ様でした!
ご丁寧にメッセージありがとうございます。

手術に至るまで
いろいろと悩んだと思いますが
非常に喜んでもらえたのであれば
何よりです。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【蒙古ヒダを軽減し、目を近づける】

今回は目頭切開のお写真。目頭切開という手術の効果は目の内側をぐーっと引き伸ばして大きくする、というわけではありません。メインの能力はいつもこのブログでも書いているように目頭側にある、「蒙古ヒダ」というつっぱる部分をとりヒダによって隠れていた部分を出し、...
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR