より目を映えさせるには、どんなラインが良いか。

手術を受けたい、という欲求は
目をさらに魅力的なものにしたい、というところから来ている
それは間違いないのではないでしょうか。


どうすればもっと目を映えさせられるか。
ラインによってもその部分は結構変わってきます。
いろいろと考えていかなくてはならないところです。




では今回のお写真に移りましょう。
まずは手術前のお写真から。
手術前
左右共に末広型のラインがあります。
このラインもきれいなラインだと思いますが
平行型のライン希望、ということで左右両方の目に埋没法を施行することとしました。


では、埋没法手術終了直後のお写真に移りましょう。
直後
手術に伴いコンタクトを取ってしまっているので
その部分に関しては目の印象が弱くなっているのはご了承してもらってですね。

ラインが生み出されているのがわかりますね。
少しだけ目の開きが弱くなっていますが
大きな腫れにはつながっていないです。


コンタクトは、手術前の最後のシミュレートのときまで
つけていてもらっても構いません。
術後はコンタクトできないので
眼鏡を持ってきてもらっているのですが
シミュレートの際はコンタクトをつけていたほうが
良く見えるので、確実です。
普段コンタクトの方は、眼鏡持参のうえ、コンタクトで来院する方がむしろよいかもしれませんね。
(逆に裸眼でシミュレートのときに全然見えないと困っちゃうわけですね。)



最後は1週間目。
一週間
メイクをするとラインの広さも広すぎずいい感じです!
落ち着いてもしっかりとした幅のあるライン。
希望する人は多いですね。


元の末広のラインの方が落ち着いていて良い、という人もいるだろうし
このラインのほうが化粧も映えるし良い!という人もいると思います。
もっと広いラインの方がいいのでは?と思う人だっているかもしれません。
どこまでラインを作れるか、という個人の目によってどうしても限定される部分はありますが
広さ、形はまさに好み次第、ですね。


わかるかわからないかぐらい少しだけラインを変える人もいます。
でもその微細な変化でさらに目が映えたり。

大きな変化の上で
化粧の自由度が高まり
すごく華やかな目に見せたり。

いろいろな可能性があるわけです。



逆に目がしょんぼりして見えたり、眠そうに見えたりしないかどうか
という点だけはチェックしながら
シミュレートで確かめていくのがよいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【より目を映えさせるには、どんなラインが良いか。】

手術を受けたい、という欲求は目をさらに魅力的なものにしたい、というところから来ているそれは間違いないのではないでしょうか。どうすればもっと目を映えさせられるか。ラインによってもその部分は結構変わってきます。いろいろと考えていかなくてはならないところです...
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR