目に合うラインを探すこと

今回のお写真は
一重まぶたの目にラインを生み出すことで目を大きく見せた、という定番のパターン。

一重まぶたで重い印象の目で
埋没法ではほとんどラインが出ない人も中にはいますが
(こういったパターンは切開の適応になります)
無理のないラインであれば
十分可能である方は多いです。


ラインをどこまで求めるか
希望はさまざま、理想はさまざま。

そして、現実にはどのくらいまで可能なのか、どのくらいの方が問題が少ないのか
この点についてもさまざま。

両者の折り合いのつく部分を
見つけ出すことが
カウンセリングでの重要なポイントになります。



いろいろな意味で「合う」ラインをうまく見つけたいですね。



では今回のお写真に移りましょう。
まずは手術前。
手術前
一重まぶたの目ですね。
二重ラインを生み出していくべく
埋没法を左右両目に施行しました。


ということで埋没法直後です。
直後
大きな腫れは無いですね。
でも細かく見るとまだなんとなくはいびつかな?
細かく見て、というところではありますが。

僕がブログでよく書いている
手術直後だと少し目が開きづらくなって腫れて見える、というのは
この方の場合はほとんどわからないですね。

むしろラインが生まれたことで
すでに目の開きが大きく見えています。



最後は1週間目。
一週間
さっきのお写真とあまり変わらないかな?
でもやっぱり少し滑らかになっています。


こういった感じで
ラインの出やすい部分をうまく生かしてあげると
元に戻りにくく、自然なラインが導かれやすいです。


そういった ”目に合い、希望にも合うライン”がふと見つかることもあれば
時間がかかることもある。
埋没法で可能な範囲では見つからないことだって無いわけではないです。


いつも言うように
カウンセリング時のシミュレートを通してさがしていくとこが大事です。
参考となるような写真も良いですね。


さらに付け加えると
参考画像に関しては
どうしてその目が好きなのか?という部分を
良く考えながら見てみると
さらに自分の希望がはっきりしてくるかと思います。
そしてカウンセリング時に、その点を伝えてもらうとよいですね。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR