クセがつきそうでつかないライン

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







クセがつきそうで、はっきり残らない。
アイプチをとってからしばらくは残るんだけど・・ちょっとしたら消えてしまう。
つけまつげをつけているときだけラインが出る、つけているときはすごくはっきりなんだけど・・
などなど
「クセづかない」という声は多いです。


埋没法ではそのクセを生かせる場合が多いので
うまくクセを利用し
はっきりしたラインに仕立てあげることは非常に有効です。


そういった一例を見てみましょう。

まずは手術前です。
手術前
右側はクセがあります。
でもうっすらですね。
左はよくわからない。でもよーく見ると・・
もっともっとうっすらだけれども
同じ様なあたりになんとなくクセがあるようなないような。
気のせい?
でも少し見えるかな。

こんな感じで
アイプチやメザイクを使ったり
つけまつげをつけると
ラインがしっかり出るけれど
クセが強く残るところまではいかない。
そういった悩みの人は多いはず。

クセの部分をなぞるようなかたちで
左右両方の目に埋没法を行いました。




2枚目のお写真は手術直後です。
直後
左はあんまり腫れがわかりません。
右の方がすこしだけラインが広く見えるかな、というところ。
両側とも直後でやや目がひらきにくくなっているわけです。
こんな感じの場合は
その日の夜に見てみると、もうだいぶ落ち着いています。
でも朝起きると、この直後の時点と同じくらいか、もしくはもう少し腫れているばあいもあります。

いずれにしても、手術で与えるダメージを減らせば
すぐに出てくる腫れも
遅れて出る腫れも
少なくてすむ、ということなので
丁寧で細かな施術を心がけていくのが大事ですね。



最後は1週間目です。
一週間
2枚目のお写真と比較して大きく変わりはないけれども
やっぱり落ち着いて滑らかになっています。
化粧が加わったのもありますね。完成形!といったところでしょうか。


美しく自然な平行型ラインが見て取れます。
いい感じですね!


こんな風に
はっきりしないクセ→くっきりしたライン
というように命を吹き込む、というか。


もともとの自分の目で出やすい形、ラインの流れ方を利用しているので
違和感なく良いラインを手に入れることができます。


クセをはっきりさせたい人は
埋没法を試す価値は十分にアリですね。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR